Fudeal Creation
ZEHへの取り組み

株式会社フュディアルクリエーションは、「お客様の理想の未来創りのお手伝い」の企業理念に基づき、
お客様に不動産有効活用の提案を行いながら、魅力ある豊かな社会創りに
貢献することの出来る集合住宅を供給してまいりました。

2050年カーボンニュートラル達成に向け、世界的に取り組みが進む中で、
“2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指す”
という国の政策目標に足並みをそろえ、2023年度以降の開発物件での
ZEH-M(ゼッチ・マンション)100%導入を目標とし、推進してまいります。

株式会社フュディアルクリエーション ZEHデベロッパー

ZEH-M Oriented(ゼッチ・マンション・オリエンテッド)の取り組み計画

ZEH-M Oriented(ゼッチ・マンション・オリエンテッド)とは、強化外皮基準(断熱性能)を満たし、
省エネによる一次エネルギー消費量を現行の省エネ基準値から20%削減とする基準です。
2024年1月時点で3物件「ZEH-M Oriented」の認証を取得しております。

ZEH-M Oriented事例

ZEH-M(ゼッチ・マンション)とは

ZEHとはNet Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略称で、
「外皮の断熱性等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、
室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、
再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支が
ゼロにすることを目指した住宅」を意味します。

ZEHの普及は主に戸建てを中心に行われてきましたが、2018年に集合住宅に関する
ZEHの定義が決定され、「ZEH-M」と呼ばれる、マンションのZEH化も進められるようになりました。

BELS(ベルス)とはとは

Building-Housing Energy-efficiency Leading Systemの略称で、
建築物における省エネ性能を第三者評価機関が評価し認定する、
建築物省エネルギー性能表示制度をいいます。

≪実施体制図≫

sdgs
トップへ戻る