RECURUITINGSITE

ENTRY

売る人に共感できる営業事務として正確さとスピードを磨きさらに領域を広げたい。

キャリア入社髙田 郁Takada Kaori

2016年度入社
 管理本部 業務部

2010年4月 経営情報学部を卒業後、アパレル会社の販売職として接客や店舗管理を行う。4年半勤務し、最後はエリアマネージャーを任される。
2014年10月 アパレル会社を退職後、韓国へ語学留学。
2015年10月 スキンケアの会社に転職。仕事内容はコールセンターでの顧客対応が業務の8割で残り2割が事務。
2016年11月 不動産の知識を身に付けたいと考え、フュディアルクリエーションに入社。

販売経験を活かして売る側をサポートできる仕事を選択

新卒でアパレル会社に入社し、販売職を4年半経験、後半はエリアマネージャーとして店舗のスーパーバイザー的な役割も担っていました。仕事は楽しかったのですが、やはり立ち仕事なので体力的に「いつまで続けられるかな…」という不安を感じて長く続けられる仕事にしたいと転職を考えました。

転職先を選ぶにあたってはそれまでの自分が前面に立って対応する仕事から、販売経験を活かして売る側の気持ちを理解してサポートできる仕事を経験してみたいと考え、当社を選びました。当時は渋谷にオフィスがあり通勤に便利なことと正社員の募集ということも大きなポイントでした。今は六本木ですがこちらも新しくて広々としたインテリジェントオフィスで快適です。

担当業務は営業が販売した不動産の契約書や火災保険の契約書、「マイソク」という物件の販売量資料などの作成、また購入物件について資料を元にデータ作成をするといったことがメインです。営業や社内の人とのやり取りが中心ですが、申請や手続きに関して役所や管理会社と連絡を取り合うこともあります。自分で家を借りたことも買ったこともないので最初は専門用語などチンプンカンプンでしたがインターネットで調べたり、周りに質問したりしながら少しずつ慣れてきたところです。

タスクや納期をしっかりマネジメント、宅建資格にも挑戦

前職の頃から変わらず心掛けていることは、その日のタスクをリスト化して書き出し、私の中で時間配分を決めてできるだけその期限内に業務を終わらせること。契約が集中した時も間違いなく書類を作成でき、処理が無事に終わって営業から「お疲れ様、ありがとう!」と声をかけてもらうと、私も少しは役に立てたかなと達成感を感じます。

今後のキャリアについては当面は担当業務を完璧にこなせるようになることですが、その次のステップとしては業務の範囲を徐々に広げ、今上司が担当している登記関連の事務やゆくゆくは銀行ローンなどの契約についても学んでいき、上司が不在の時でもカバーできるようになることが一番の目標です。そのために宅地建物取引士など資格取得の勉強も始めています。

当社では、産休・育休といった制度が整っているので、将来は出産後も長く仕事を続けていきたいと考えています。私自身が転職を経験しているので、実感することはみんなが優しく気兼ねせずに質問・相談ができる風土だということ。ベンチャーでまだ成長期だから転職者のフレッシュなアイデアも実現しやすい環境だと思います。

1日のスケジュール

  • 9:30

    出社

    最初に朝礼で各部門の情報を共有します。メール確認後、部内のメンバーの行動予定や何時に来客があるかなどを確認して、外部から電話があった際にその場でお答えできるようにしておきます。
  • 10:00

    物件情報の資料作成

    「マイソク」という不動産物件の立地や間取りや家賃など各種情報を紹介する資料を作成します。作成する数はその日によってまちまちです。
  • 12:00

    昼休み

    お昼は基本的にビル内のカレー屋さんやカフェからお弁当を買ってきます。同僚の女子と一緒にリラックススペースで楽しく食べています。
  • 13:00

    購入物件の契約の処理

    仕入れ担当が購入した物件について資料を元にデータ作成を行います。すぐに終わる物件もあれば、管理会社に問い合わせが必要なケースなど時間がかかる場合もあります。
  • 15:00

    契約書作成

    営業がお客様に販売した不動産の契約書や火災保険の契約書を作成します。こちらも月によって業務量が変化します。日によっては慌ただしく時間が過ぎることもあります。
  • 18:30

    退社

    例外的に仕事が集中した時などを除いて基本的に残業はしません。月間でも10時間を超えることはありません。退社後は社内の人と一緒に食事に行ったりすることが多いですね。
仕事もオフも、本気で行く!

MY OFF TIME

K-POPにはまり休日は
ライブで盛り上がります。

仕事帰りはおいしいものを求めて同僚とあえて六本木っぽくない居酒屋に繰り出します。以前韓国に語学留学していたこともあり、今はK-POPにはまっていて休日はよくコンサートに出かけます。入社して間もなかったときも、社員旅行でハワイに行けたのですごくラッキーでした。