RECURUITINGSITE

ENTRY

同期はお互いに高め合える存在。負けず嫌いな性格が成長へお原動力。

新卒入社大浦 礼士Oura Reo

2017年度入社
 開発本部 副主任

誠実さに加えて、「人間力」にも磨きをかける。

学生時代では想像もつかない大きな金額の取引に携われることと、若いうちから多くの経験ができることに魅力とやりがいを感じ、投資不動産の営業を志望。数多くの不動産会社の面接を受けた中で、当社代表の言葉に強く惹かれ入社を決意しました。

現在私は、東京23区・横浜・川崎の投資用ワンルームマンションの仕入れを担当しています。売主様から直接物件を仕入れるのではなく、主に不動産仲介業者の方から物件をご紹介いただき、仕入れるという業務です。仕入れ業務で最も重要なのは、良い物件の情報を同業他社よりも早く入手できるかどうかという点です。しかし、当社のような投資不動産会社は東京都内だけでも数百社あると言われており、早い段階で物件情報を入手することは簡単ではありません。そういった中で当社を選んでいただくには、日々のレスポンスや電話対応などを徹底して行い、「この人に、この物件を紹介したい」と思っていただける信頼関係を築き上げること。そのためには誠実さに加えて、「人間力」にも磨きをかけることが大切であると考えています。

販売してから1週間で契約になった案件が忘れられない。

最も思い出深い経験は、初めて自分で新規開拓して仕入れた物件が販売してから1週間で契約になったことです。元々営業部に所属していたので、営業担当者が求める「お客様に提案しやすいもの」を感覚的に掴みやすいのが私の強み。だからこそ、その感覚を大切にしながら仕入れをしていたのですが、最初は思うようにいかず、苦労しました。そんな中で、上司にもアドバイスをいただきながら、どうにか初めて物件を仕入れることができ、それが販売わずか1週間で契約になったんです!これ以上嬉しいことはありませんでした。営業担当の方からも「お客様も満足していたよ。ありがとう」と言われた時は、その喜びも倍増。仕事に対する自信にもつながりました。

私の今後の必達目標は、毎月10件以上の物件を仕入れることです。現状の仕入れペースでは、当社の販売スピードにまだ追いつきません。営業部時代に培った物件の目線を最優先に考え、目利き力を磨き、さらには仕入先との信頼関係も深めながら、どこよりも早く優良物件も仕入れられる手腕を身につけたい。そして将来的には毎月20件、30件へと増やせるようにして、それこそ伝説的な活躍ができる存在になりたいと思っています。

1日のスケジュール

  • 9:10

    出社

    仲介業者からメールで届いた物件情報をチェックします。
  • 10:00

    打ち合わせ

    物件情報をもとに、物件の価格調整や契約までに必要な資料の確認をします。
  • 11:30

    昼食

    同期や開発事業部の上司と食事をすることが多いです。仕事の話だけでなく、プライベートの話でも盛り上がり、リラックスします。
  • 13:00

    仲介業者訪問

    新しい物件の情報や当社の買取物件に対する近況報告などを行います。
  • 15:00

    物件評価出し

    価格調整した物件が実際に仕入れられるかどうか金融機関から評価してもらいます。
  • 17:00

    契約

    仕入れが決まった物件の契約をします。ここで初めて当社で販売できる状態になるので、契約までどれだけ正確かつスピーディーにまとめられるかが重要です。
  • 18:30

    帰宅

    基本的に残業はしない主義です。同時に10件以上の物件を扱うので、翌日やるべきことをメモして帰宅します。
仕事もオフも、本気で行く!

MY OFF TIME

メリハリのある生活を実現するため
休みは思いっきりリラックス!

メリハリのある生活が仕事へのモチベーションを向上させると考えているので、休日は遊び尽くしています。会社の同期と買い物やスポーツをしたり、地元の友達と飲んだりして、休みを充実させています。