RECURUITINGSITE

ENTRY

お客様のライフプランに合わせ無理のない投資で最大の満足を提供。

キャリア入社新井 幹代Arai Mikiyo

2013年度入社
 営業本部 営業部 次長

1990年4月 学校卒業後、銀行系IT企業にSEとして勤務。その後金融系企業の人事部で長期にわたり経験を積む。
2000年10月 不動産投資を扱う会社に転職。パワフルな営業で実績をあげる。古川社長と出会ったのもこのとき。
父親の死去、母親の介護のため退職。介護の負担にならない程度に、保険会社のセールスウーマンを勤める。
2013年11月 古川社長に誘われ、フュディアルクリエーション入社。

前職での経験を活かし、
新たなフィールドへ

不動産投資会社に勤めていましたが、家庭の事情で退職。その際、私のお客様を会社に残したままで、最後まで対応できなかったことがずっと心に残っていました。2年ほど介護中心の生活を送り、母親を預かってくれる老人ホームが見つかったことで働くのに支障がなくなった頃、前職で同僚だった古川社長から、「一緒に仕事をしよう」と誘われたのです。ベンチャー企業ということもあり随分悩みましたが、やり残していたことを取り戻すチャンスだと考え、入社を決めました。前職では10人ほど部下を抱えていましたので、現在も部全体に目を配りながらプレーイングマネージャーとして営業活動中。ペアを組んでくださる保険会社を開拓したり、提携代理店の勉強会で講師を勤めるなど、顧客拡大に取り組んでいます。
当社の魅力は、不動産に関するあらゆるサービスを扱えることにあります。ベンチャーならではのフットワークの軽さと柔軟な対応で、お客様のニーズにあわせて最適なソリューションを提供する。その根本にあるのが信頼関係ですね。私は当社の仕事は、不動産を介して人と人をつなぐ仕事だととらえています。

営業はお客様に育ててもらうことで成長できる

常に心がけているのは、「お客様に無理をさせない」こと。不動産は大きな買い物です。お客様にリスクを負っていただくわけですから、ライフプランに合った投資であるか厳しくチェックしたうえで、お客様のご要望に沿う最良の物件を紹介するようにしています。以前と変わったところがあるとすれば、お客様に寄り添う気持ちがより強くなったことでしょうか。私自身いろいろな経験を経た分、お客様と共感できることが増え、身近に感じていただけるようになったと思います。また女性の営業ということで、親しみを持たれやすい面もあるのでしょうね。「新井さんが勧めてくれたのなら」と思っていただける喜びと責任の大きさを日々痛感します。

営業はお客様に育ててもらい、成長していく職種です。後輩たちには、「営業は愛嬌」「1日1つ楽しいことを見つけなさい」とアドバイスしています。モチベーションを持って仕事に取り組む姿を見せることで、下の世代が成長してくれれば嬉しいですね。そして、会社自体もまだまだ成長できると考えています。現状に満足せず、みんなで挑戦し続ける。そんな会社の一員であることを誇りに思っています。

1日のスケジュール

  • 9:20

    出社

    お客様のところに直行する日もありますが、今日は午後からのアポイントなので、午前中は社内での作業。まずメール、スケジュールをチェックし、頭の中で仕事の段取りを組み立てます。
  • 10:30

    資料作成

    お客様に対する不動産投資の資料を作成。また、週末に行う不動産投資に関する勉強会で講師を務めるため、そのための資料も。出席者にあわせ、女性向けなら柔らかい色使いなど、パワポの資料は何度も見直します。
  • 11:30

    昼休み

    お客様のところにおうかがいするために同僚と外出。まずは食事を摂り、午後からの商談に備えます。夜は飲みに行くことが多いので昼食はがっつり。定食とラーメンなんてことも。
  • 14:00

    お客様と商談

    午後2件、夜1件の商談をこなします。1件あたり1~2時間ほど時間をかけ、お客様と向き合い、疑問や不明点を一つひとつ解決。信頼関係を築き、次のお客様に広がっていくような営業を心がけています。
  • 20:00

    直帰

    3件の商談をこなし、この日はそのまま直帰の予定。会社に連絡を入れ、急ぎの案件や問題がないか確認してから業務終了です。後輩に「お疲れ様」と声をかけ、やっと一息。
仕事もオフも、本気で行く!

MY OFF TIME

全く異なる世界の人との会話が
心身の疲れを癒やす特効薬。

仕事帰りに立ち寄る店で知り合った人たちがいます。美容学校の先生、定年退職したデパートのバイヤー、企業の経営者、警察官、専門学校の学生…店に行けば誰かがいて、お酒と会話を楽しむのが私のリフレッシュ法。異なる世界の人との会話が、心身の疲れを癒やしてくれます。